新社会人や大学生必見!メイク初心者向け化粧下地の選び方

綺麗な女性1

肌の色や肌質には個人差があります。そのうえ好みも人によって異なるため、メイクはどの方法が正しいとはいえません。しかし、ファウンデーションを塗る際には化粧下地を使うのが一般的です。ところで、化粧下地はなぜ必要なのか疑問を持つ人もいるでしょう。

この記事では化粧下地の役割や主な種類、選び方のポイントなどについて解説していきます。

関連:血色の悪さや色ムラなどもカバーできる!化粧下地の色の選び方

そもそも化粧下地はなぜ必要なのか?

綺麗な女性15

化粧下地は、洗顔後に化粧水や乳液などで肌を整えた後、ファウンデーションを塗る前に使うものです。化粧下地といっても実はさまざまな役割を持っています。実際にはどのような役割があるのか説明していきます。

化粧下地の役割1:化粧持ちをよくする

まず一つめの目的としてあげられるのは、ファウンデーションが崩れるのを防ぐことです。ファウンデーションのノリを良くし、崩れにくくすることで化粧持ちを良くしてくれる効果が期待できます。肌質や季節によっても異なりますが、ベースメイクだけでなくアイシャドーや頬紅などのポイントメイクにも化粧下地は重要といっていいでしょう。

化粧下地は、メイクを吸着してくれるものと考えればわかりやすいかもしれません。化粧下地は肌の余分な皮脂を吸収してくれる役割も持っているため、皮脂の多い人がファウンデーションを塗った場合でも、ベースメイクに余分な脂分が浸透するのを防いでくれます。

また、保湿効果のある化粧下地を選べば、乾燥による化粧崩れを防いでくれるでしょう。化粧下地は、肌質や季節に合わせたタイプを選ぶことで、メイクを適切に維持してくれるのです。

化粧下地の役割2:毛穴やシミなどをカバーする

毛穴やシミなどをファウンデーションやコンシーラーでカバーするという方法もありますが、初心者の場合はなかなかうまくできないことは多いでしょう。毛穴など肌トラブルをカバーしてくれるのも化粧下地の役割の一つです。

どのような化粧下地を選ぶかにもよりますが、毛穴を目立たなくし、肌のキメを整えてくれるタイプを選ぶことで、ファウンデーションを厚塗りせず上手にカバーすることもできます。

化粧下地の役割3:肌を紫外線から保護する

化粧下地は肌を保護する役割も持っています。外気やホコリなどから守るのも役割の一つですが、シミやソバカスを防ぐうえで重視したいのが紫外線からの保護です。化粧下地にはさまざまな種類が出ている中で、紫外線からの保護を目的としたものはたくさん出ています。

カラーコントロールや毛穴カバーなどができるタイプの化粧下地の中にも、同時に紫外線カットも可能なタイプが多いのが特徴的です。ファウンデーションでも紫外線から肌を保護することは可能ですし、UVケアタイプのものはいろいろ出ています。

しかし、紫外線が気になる季節やシミを防ぎたい場合には、下地からしっかりケアしておく方が好ましいでしょう。UVケアが可能な化粧品に表示されているPAやSPFとは紫外線の種類の違いです。PAはUVAといって長波長紫外線を防止する効果の度合いを示すもので、+の数が多いほど効果が高いことになります。

SPFは、UVBといって中波長紫外線によって急性的に起こる炎症を防ぐ役割を持っています。SPFの効果の度合いは10〜50までの数値で示され、50に+がついているものがもっとも高い数値です。関連資料|シルキーカバーブロック … アプロス

化粧下地の役割4:肌色をコントロールしてくれる

綺麗な女性8

肌色をコントロールしてくれることも、化粧下地の役割の一つにあげられます。健康的に見せるには頬紅を使うのもメイク法の一つですが、肌全体の色までコントロールすることはできません。コントロールカラーを使う方法もありますが、メイクのステップ数が増えてしまううえに厚ぼったくなってしまう場合もあります。

しかし、化粧下地であれば、あらかじめ色がついているタイプを選ぶことで、コンシーラーやコントロールカラーと同じような効果を得ることが可能です。メーカーによって異なりますが、色つきの化粧下地はナチュラルな肌色以外にピンク系やイエロー系、オークル系なども出ています。

例えば、肌を明るく見せたいときにはイエロー系やピンク系を選ぶなど、自分の肌トラブルに合わせて使ってみましょう。

化粧下地にはどのような種類がある?

上述したように、化粧下地といってもさまざまな種類が存在します。クリーム状やジェル状、乳液状などの他、泡状になっているタイプもあります。紫外線をカットできるタイプもあれば、化粧崩れを防いでファウンデーションのノリを良くしてくれるものなど、目的もさまざまです。

保湿を優先させたものや余分な皮脂を抑えてくれるタイプなども出ています。また、化粧下地が入ったものでいえばBBクリームもそうです。BBクリームは化粧下地の他に化粧水や乳液、ファウンデーションなどが一つになっているため、1度塗るだけでベースメイクがほぼ完了するという特徴を持っています。

化粧下地の価格帯は1000円前後の手ごろなものから5000円前後のものまで幅があり、予算や目的、肌質に応じて選びやすいといえます。

自分に合った化粧下地の選び方とポイント

自分に合った化粧下地を選ぶ前に大切なことは、まず目的を決めることです。選ぶ前に、どのような目的で化粧下地を使うのか考えてみましょう。ベースメイクの持ちを良くしたいのか、それとも毛穴やシミなどの肌トラブルをカバーしたいのか、または紫外線から肌を保護したいのかで化粧下地のタイプは変わってきます。

目的を決めたら、次は自分の肌質に合わせることがポイントです。脂性肌の人であれば、できるだけさっぱりした使用感のものや皮脂の吸収を良くしてくれる化粧下地がいいでしょう。乾燥しやすい人は、保湿効果のある化粧下地を選ぶと適度が潤いが期待できます。

どれがいいか迷ったときには、まずサンプルを使ってみるのも選び方の一つです。自分の肌に合っているかどうか判断するには、最低でも一週間は使用してみましょう。ただし、肌に合わない場合にはすぐに使用をやめることも大切な判断といえます。

関連:メイクをワンランク上げる!化粧下地は何色を選ぶべき?

化粧下地とパウダーならナチュラルメイクに

メイク初心者の場合、必要なものをすべて塗ってしまうと厚ぼったいだけのメイクになりがちです。パーティーなど、ドレスとのバランスを考えるときにはしっかりメイクした方がいい場合もありますが、通勤や通学のときにはナチュラルメイクの方が好まれるかもしれません。

特に就活中のときには自然なメイクを心がけるようにしましょう。厚ぼったくならないようにするには、ファウンデーションを使わないとう方法もあります。あらかじめ色のついた化粧下地を使えば、あとはパウダーを乗せるだけで十分自然な仕上がりになります。

化粧下地だけで肌色がしっかり出せる場合やBBクリームをマットな感じに仕上げたいなら、カラーレスタイプのパウダーを使うのもいいでしょう。